ページの先頭です。

文字サイズ変更

ここはグローバルナビエリアです。
コンテンツエリア(本文)はここからです。

情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)基本方針ISMS

情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)基本方針

NTT-ATシステムズ株式会社(以下、当社という)は、情報通信産業のテクノロジ・インテグレータとして、情報流通の推進に貢献するとともに、セキュリティ事件・事故等の抑止・予防に努め、安心・安全な高度情報通信社会の発展に寄与することを目指します。

当社は、お客さまの情報をはじめ保有する情報資産の保護、並びに法令・規範等の順守、及び契約上・事業上の要求事項の順守を確実にするために、情報セキュリティマネジメントシステムを確立・導入し、運用状況の監視、定期的な見直しを行ない、本システムの継続的な維持・改善を図ります。

  1. 当社は、社員等の情報セキュリティ意識を向上・維持するために教育・訓練を実施します。
  2. 当社は、情報資産の脅威とぜい弱性を識別し、定期的にリスクアセスメントを行ない、情報資産の適正な管理に努めます。
  3. 当社は、災害等による情報システム等の一時的中断に際し、業務への影響を最小化するための事業継続計画を策定し、実行します。
  4. 当社は、経営陣をはじめ、全ての社員等が、この情報セキュリティネジメントシステム(ISMS)基本方針を順守します。

平成28年6月19日改訂
NTT-ATシステムズ株式会社

ISMS JIPDEC